八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「毎日、平和」 子どもたちが誓いの鐘

「終戦の日」平和祈念鐘打式で、世界平和の鐘を打ち鳴らす子どもたち=15日正午すぎ、新栄公園内

「終戦の日」平和祈念鐘打式で、世界平和の鐘を打ち鳴らす子どもたち=15日正午すぎ、新栄公園内

 世界平和の鐘の会沖縄県支部(大濵博文支部長)は15日、新栄公園内の世界平和の鐘鐘楼で「終戦の日」平和祈念鐘打式を行った。子どもたちも参加し、「毎日、平和でくらせるようにします」と誓い、力いっぱい鐘を打ち鳴らした。

 式には支部会員や市の部課長、石垣混声合唱団、幼児スクール竹の子クラブの園児、児童が参列。石垣混声合唱団が平和への思いを歌に託して合唱した後、正午の吹鳴に合わせて全員で1分間の黙とうをささげた。

 幼児スクールから参加した子どもたちは「みんなで戦争は絶対にしない」との思いを込めて折ったという千羽鶴を大濵支部長に贈呈。

 大島舞桜(まお)ちゃん(5)と小林琉音(るね)ちゃん(6)が「八重山平和祈念館で戦争マラリアの恐ろしさを知りました。紙芝居の『はだしのゲン』で原子爆弾のことを知りました。戦争はみんなの楽しい生活を奪ってしまう、怖いものです」とメッセージを読み上げた。

 大濵支部長は「過去にあった悲惨な事実を知る日でもある。過去の事実を次世代に引き継ぎ、世界の恒久平和を発信したい」とあいさつした。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム