八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

観光の小2男児水死 米原海岸

シュノーケルで遊泳中

 12日午前11時45分ごろ、石垣市桴海の米原海岸でシュノーケルで遊泳していた東京都東大和市に住む小学校2年、下郡山虎輝君(しもこおりやま・こうき)(8)が水深約2㍍の海中であおむけに沈んでいるのを父親が見つけ、県立八重山病院に搬送されたが、同日午後0時53分に死亡が確認された。

 八重山署によると、虎輝君は父親(39)ら家族8人で10日から観光目的で来島。12日は午前10時前から同海岸で遊泳していたが、午前11時55分ごろ、虎輝君の姿が見えないのに気づいた父親が辺りを探したところ、海岸から約40㍍離れた水深約2㍍の海中であおむけに沈んでいるのを発見。砂浜に引き上げ、家族や近くにいた人が心肺蘇生を施しながら、救急隊に引き継いだ。

 同署が事故原因などを調べている。

 米原海岸では、6月4日にもシュノーケルを使って泳いでいた観光の男性(32)が溺れる事故が発生している。

 同署管内の水難事故発生件数は今年7件発生、死者は3人となった。

  • タグ: 水難事故
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム