八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

小学校教科書を選定

八重山採択地区協議会

 石垣市と与那国町でつくる教科用図書八重山採択地区協議会(会長・玉津博克石垣市教育長、委員6人)は12日、2015年度から4年間使用する小学校教科用図書(教科書)の選定会議を市教育委員会で開き、計45点の教科書から9教科11点の教科書を決定した。近く市、町の教委に選定理由を添付して答申する予定だ。

 八重山3市町から竹富町が離脱して初めて行われる教科書採択手続き。石教委は18日に臨時会を開き、答申に基づいて採択する予定。与教委も18日前後に採択する見通し。竹富町は13日、町小学校および中学校教科用図書採択審議会(会長・慶田盛安三教育長、委員8人)が選定作業を行い、15日に竹教委に答申する予定だ。

 八重山地区協議会はこの日の選定会議で、9教科の調査員(計27人)から提出された報告書を踏まえて協議。前回の中学校教科書の選定会議では、複数推薦制をとっていたが、今回から廃止。同列の状態から意見交換して一種に絞り込んだ。

 玉津教育長は「委員の権限と責任で選ぶという協議会の形ができたと思う。とても満足している」と話した。

  • タグ: 教科書
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム