八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「道ジュネー」再開へ 明石集落

筆者(中央)も参加し、エイサーの本番に向け気合を入れた太鼓のメンバーら=9日夜、明石公民館前広場

筆者(中央)も参加し、エイサーの本番に向け気合を入れた太鼓のメンバーら=9日夜、明石公民館前広場

来年、移民60周年 エイサーは移民束ねるツール

 旧盆の中日の9日夜に行われた明石エイサー祭り(同公民館主催)を終えた明石集落では、来年、入植60周年を控えており、同エイサー保存会(比嘉辰博会長)では、来月から月1回の会合を設け、エイサーをしながら集落を練り歩く「道ジュネー」の再開に向けて動きだす。細かい振り付けなど踊りの指導をめぐって課題もあり、同保存会書記の宜保勇人さん(32)は「今は、保存会として手を固めるのが先」と保存会の結束を訴える。(研修生・井上雅大)

 明石集落は、琉球政府の計画移民で、沖縄本島の読谷村や大宜味村の先遣隊62人が1955年に移民してできた集落。同集落のエイサーは開拓後に読谷村の楚辺のエイサーを受け継ぎ、独自に発展させた歴史がある。

 祭りの後に行われた反省会では「明石エイサーのDVDを作って」という要望や「明石出身者以外の人たちの思いや働きも大事にして」といった意見が出され、来年に向けて課題を探り合った。

 長年、手踊りの指導をしている眞榮城玄三さん(67)は現在の明石エイサーについて「(多くが)教える人の見よう見まねで踊ってるので、全体として振りが統一されていない」と指摘し、「足を突き出すなどの若い人の踊り方は、はやりの創作エイサーを見た影響では」とも。

 眞榮城さんは「(明石集落のエイサーの原型である)楚辺との違いを修正して、明石のエイサーとして永遠に残すことができたら」と話す。

 宜保さんは「明石のエイサーは、異なる地域から明石に移民してきた人たちを束ねる一つのツールでもある。中身を保存していくと同時に、周りの人々が保存会や地域にどう関わっていくかも課題だ」と訴えた。

  • タグ: エイサー明石集落
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム