八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「星がいっぱい」 プラネタリウム楽しむ

プラネタリウム上映会に訪れた親子連れ=8日午前、石垣港離島ターミナル

プラネタリウム上映会に訪れた親子連れ=8日午前、石垣港離島ターミナル

離島ターミナル

 南の島の星まつりウイークの関連イベント、プラネタリウム上映が7日から石垣港離島ターミナルで開かれており、大勢の親子連れや観光客が訪れ、ドームに映し出された星座を楽しんでいる。

 直径5.5㍍のドーム内に白鳥座や南十字星など八重山で見られる星座を映し出し、五藤光学研究所の指導員、小林則子さんが星の名前や伝説について解説している。

 同研究所の明井英太郎企画営業部長は「プラネタリウムで八重山の星を見てもらい、自分たちの住む場所の星を知ることで、天体に興味を持つきっかけにしてほしい」と話している。

 8日、会場を訪れたみやまえ幼稚園の山城せつあちゃん(6)は「南十字星やいろんな星座が見られて楽しかった」、大工まあなちゃん(5)は「星がいっぱいでとてもきれいだった」と話した。

 上映は10日まで。午後0時半を除き午前10時半から午後4時半まで1時間おきに行われている。予約は当日の午前10時から会場で受け付ける。入場無料。

  • タグ: プラネタリウム離島ターミナル
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム