八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

候補地5カ所に絞り込み 水族館建設基本計画策定委

水族館の完成予想イメージ

水族館の完成予想イメージ

「森から海へ」をイメージ 現地調査実施後、次回で3カ所に

 石垣市は29日、外部委員をメーンにした水族館建設推進基本計画策定委員会(委員長・漢那政弘副市長、委員15人)を立ち上げ、基本計画案の策定作業を具体化させた。市教育委員会で開かれた第1回会議で、2013年度の基本構想で抽出した建設候補地11カ所から5カ所に絞り込んだ。8月下旬か9月上旬の次回で現地調査を行い、さらに3カ所程度に絞り込む予定だ。このうち1カ所については、建設費や配置計画などのシミュレーションを行う。

 5カ所の候補地は野底、桴海、崎枝、伊原間、南ぬ浜町(新港地区)。事務局は当初、土地利用、取水環境整備の容易性など七つの視点から野底、桴海、崎枝のいずれも市有地3カ所を提案したが、委員から「他の候補地を除外する理由が妥当か」などと疑問の声が上がったたため、市有地の伊原間と公有水面埋め立て地の南ぬ浜町を追加した。

 基本構想では、水族館の延べ床面積は1㌶程度と想定。候補地5カ所は3・2㌶から10㌶の用地面積があり、付帯施設を加えても十分な用地を確保できる。

 一方、展示方針では「八重山の森」から「イノー」「サンゴ礁の海」「黒潮の海」「深海」と連続性をもたせ、自然環境の体験的ストーリーを思い描いている。目玉としてマンタやシュモクザメを検討している。

 これについて委員からは「美ら海水族館との違いを出すという割には、あまりにも水族館らしい水族館」「天候に左右されない水族館として整備するなら、シュノーケリングやダイビングができてもよいのではないか」「星を生かせないか」など、さまざまな意見が出たため、次回で具体的な検討を加えることにした。

 市は庁内検討委員会も平行して進め、年内に両委員会を4回程度開催して計画案をまとめ、市長に報告する予定だ。この間、住民から意見も募集する。

  • タグ: 水族館
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム