八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

うなぎ食べて夏バテ防止 きょう土用丑の日

土用丑の日を前に、うなぎ料理専門店では仕込みに大忙しだ=28日午前、只喜

土用丑の日を前に、うなぎ料理専門店では仕込みに大忙しだ=28日午前、只喜

専門店大忙し

 きょう29日は「土用丑(うし)の日」。栄養価の高いうなぎを食べて夏バテを防ごうという日本の食習慣で、石垣市内のうなぎ専門店では、1年で一番の書き入れ時を前に仕込みに追われている。

 新川の舟蔵の里にあるうなぎ専門店「只喜」(元村良代表)では、宮崎産と鹿児島産うなぎの一番おいしい25~30㌢サイズを通常の8倍仕入れ、「土用丑の日」に備えている。 

 定番のうな丼は昨年並みの1400~3700円(税抜き)。今年はうなぎの稚魚(シラスウナギ)が豊漁で、秋以降は値下げが期待できるという。

 元村代表は「食材の産地にこだわっている。食の安全を守り、お客においしいうなぎを提供したい」と話した。

  • タグ: 土用丑の日うなぎ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム