八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「離島甲子園」に初出場 中学野球

「離島甲子園」に出場する中学生たち=28日午後、市役所庁議室

「離島甲子園」に出場する中学生たち=28日午後、市役所庁議室

来月開催新潟県佐渡市 選手18人「初優勝目指す」

 8月18日から5日間、新潟県佐渡市で開かれる国土交通大臣杯第7回全国離島交流中学生野球大会(同実行委員会主催、通称・離島甲子園)に、石垣市内の4中学校の3年生18人が初めて出場することになった。キャプテンの比嘉寿幸君(石垣中)は28日、「個性のある選手が多く、まとめるのは難しいが、チームワークをしっかり深め、初出場、初優勝を目指したい」と抱負を語った。

 大会は「マサカリ投法」で知られる元千葉ロッテ投手の村田兆治さんが提唱。野球を通じた離島振興が目的で、ことしで7年目。石垣市は150万円を負担し、旅費や宿泊費などに充てられる。

 八重山OB野球クラブ(後上里洋一会長、会員27人)はボール3ケース、炭火焼肉大から焼き肉用材料などをプレゼント。

 選手たちは8月4、6、11、13の4日間、市中央運動公園第二多目的広場で練習を行うことにしており、市スポーツ交流課は「応援してほしい」と呼びかけている。

 中山義隆市長は28日午後、市役所で選手たちの訪問を受け、「全国の野球仲間と交流して友情の輪を広げるとともに、全力でプレーし、優勝旗を持ち帰ってほしい」と激励した。

 出場選手は次の通り。

 ▽石垣第二=川満拓也、美差凪、﨑山鷹士郎▽白保=新垣力悠、豊里一斗、西玉得隼、比嘉涼平▽石垣=大底哲太、上地輝月、比嘉寿幸、伊志嶺瑠希▽大浜=東盛隼己、前津司苑、登野城吉紘、大嶺吉澄、島袋太佑、宇根底師隆、東與那覇明寛

  • タグ: 離島甲子園
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム