八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

草刈ると、ごみドッサリ 河川海岸愛護月間

7月の「河川・海岸愛護月間」にちなむモデル清掃で新川川を清掃する人たち=24日午後、同川

7月の「河川・海岸愛護月間」にちなむモデル清掃で新川川を清掃する人たち=24日午後、同川

「非常識」参加者渋い顔 モデル清掃に120人

 7月の「河川・海岸愛護月間」にちなむモデル清掃が24日午後、新川川で行われ、県や市、土木建築業者やNPO団体などの関係機関の人たちと県や石垣市の職員合わせて約120人が参加した。同月間は河川・海岸の良好な環境保全を図るとともに、美しく適正な利用に向け、河川・海岸愛護思想の普及啓発を図る目的。

 清掃に先立ち、市健康福祉センター広場でセレモニーが開かれ、県八重山土木事務所の添石清包所長が「清掃を通して親しみやすい河川にするとともに、地域の皆さんに河川環境の保全に関心を持ってもらいたい」とあいさつ。

 この後、参加者はカマやノコギリを手に、新川川の田原橋から小波本橋までの約250㍍で清掃を行った。川沿いに生い茂った雑草を刈り取ると、空き缶やレジ袋、コンビニ弁当の空き箱などが捨てられていた。家庭から捨てられたとみられるごみもあり、参加者は「とても非常識。ルールを守ってほしい」と話していた。

  • タグ: 河川海岸愛護月間
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム