八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ANA、石垣就航25周年 増便・大型化「今後も対応

職員らに見送られた滑走路に向かう石垣発那覇行のANA機=22日午後、南ぬ島石垣空港

職員らに見送られた滑走路に向かう石垣発那覇行のANA機=22日午後、南ぬ島石垣空港

石垣線就航25周年記念シールのプレゼントを受ける搭乗客ら=22日午後、南ぬ島石垣空港6番ゲート

1路線2便から6路線26便に」

 全日本空輸(ANA)は22日、1989年7月22日に石垣空港に就航してから25周年を迎えた。石垣那覇便の1路線1往復2便から、現在は県外直行4路線を含む6路線13往復26便に増強している。南ぬ島石垣空港では当時の発着時刻の午後2時前後に合わせて記念式典があり、内薗幸一常務取締役は「新空港の開港以降、客も貨物も需要が高いので、今後の動向をみながら積極的に増便や機材の大型化に対応したい」と述べた。

 ANAの乗り入れで石垣空港は日本トランスオーシャン航空との2社体制となった。新空港開港後は定期便で国内4社、定期チャーターで国際線2社が運航するまでになった。

 ANAは現在、那覇のほか羽田、関西、中部(名古屋)、福岡、宮古との間で運航、夏場のピークは羽田と那覇でそれぞれ1往復2便を増便している。2013年3月7日の新空港開港から14年4月3日までに100万人を運んでいる。

 式典は、午後1時50分発の那覇便に合わせ、午後0時50分ごろから出発ゲート前で行われ、内薗常務は「25年間、八重山の皆さんと八重山を愛する各地の皆さんに育ててもらった。今後も送客と農水産物の輸送を通して地元に貢献したい」と述べた。

 中山義隆石垣市長は「地元住民の交通機関として、首都圏からの客を運ぶ便としてさらに発展し、新規路線の開発にも尽力してもらいたい」と期待した。

 午後1時50分発の那覇便に搭乗した石垣市出身の女性(76)=那覇市在住=は「当時は1日1往復だったので日程が合わず使いにくかったが、今は使いやすい。何より運賃が下がったので利用しやすくなった」と話した。

  • タグ: ANA25周年
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム