八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

音楽とCG、写真がコラボ 石垣島フラッグが新たな試み

鍾乳洞の壁面に映像や写真を投影しながら行われたライブ=19日夕、石垣島鍾乳洞(中西さん提供)

鍾乳洞の壁面に映像や写真を投影しながら行われたライブ=19日夕、石垣島鍾乳洞(中西さん提供)

 音楽と映像、写真を組み合わせたコラボレーションライブが19日夕、石垣島鍾乳洞で開かれ、石垣市の文化創出事業「石垣島Creative Flag」(参加アーティスト35組)のシンガー・ソングライター、前花雄介さんと写真家の中西康治さん、映像・写真家の十河学さんの3人が神秘的なライブを楽しませた。

 前花さんの「夕涼みライブ」のなかで行われ、前津由喜美さん(三線)と松野智憲さん(パーカッション)がサポートで参加。前花さんが「オオゴマダラ」「忘勿石」などを歌うなか、コンピューターグラフィックス(CG)や写真が鍾乳洞の壁面に映し出された。

 前花さんは「鍾乳洞のなかは素晴らしい音響だ。音と映像とのコラボは可能性のある世界。今後も仕掛けていきたい」と手応えを感じた様子。

 中西さんは「鍾乳洞の壁面に島の祭りや人物が映し出され、不思議な気持ちだった」、十河さんは「初めての試み。足りない部分があったので次回は工夫したい」と語った。

 ライブを聴いた50代の女性は「島のアーティストの意欲的な挑戦を感じた」と感想を述べた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム