八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

四カ字豊年祭始まる きょうムラプール

登野城字会のオンプールで、古式ゆかしく行われたミシャグパーシィ=21日午前、米為御嶽

登野城字会のオンプールで、古式ゆかしく行われたミシャグパーシィ=21日午前、米為御嶽

台風接近で延期も検討

 五穀豊穣(ほうじょう)に感謝し、来夏世(クナツユー)の豊作と地域住民の健康を祈願する石垣市四カ字の豊年祭(オンプール)が21日、長崎、大石垣、宮鳥、天川の各御嶽で行われ、神司のニンガイ(祈願)やミシャグパーシィ(神酒奉納)の神事のほか、各字自慢の旗頭や太鼓、獅子舞、婦人らによる巻踊りなどが奉納された。一方、ムラプールは22日午後、新川の真乙姥御嶽で行われる予定だが、台風10号の接近で延期となる可能性もある。

 このうち登野城字会(川平永光会長)は、午前8時半ごろに八重山の稲作伝来の発祥の地とされる米為(イヤナス)御嶽の北側にある小波本(クバントゥ)御嶽で神司や字会役員がニンガイ(祈願)をした後、米為御嶽で儀式を行った。字会役員や地域の長老らが古式ゆかしくミシャグパーシィを行ったほか、中学生の太鼓や婦人らによる踊りが奉納された。

 川平会長は「新空港の開港でフライト農業の時代が到来した。そのチャンスを字民、すべての農家が共有できるよう導いてほしい」などと祈願文を読み上げた。

 各字のオンプールでは優良生産農家の表彰も行われ、サトウキビ、水稲、畜産など各部門で優秀な農家が表彰された。22日のムラプールは、新川字会の招待で石垣、大川、登野城の各字と双葉公民館が真乙姥御嶽に集まり、旗頭や太鼓の奉納、アヒャー綱やツナヌミン、大綱引きなどがにぎやかに繰り広げられる。

  • タグ: 豊年祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム