八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

星野夏祭り10周年 地域活性化に心一つ

集落内外から多くの観客が詰めかけた星野夏祭り。子どもたちが元気にエイサーを披露した=19日夕、星野公民館

集落内外から多くの観客が詰めかけた星野夏祭り。子どもたちが元気にエイサーを披露した=19日夕、星野公民館

星野夏祭りに花を添える市民吹奏楽団

多彩な演目楽しむ

 2014人魚の里星野夏祭り(同実行委員会主催)が19日夕、星野公民館前広場でにぎやかに開催された。今年で10回目を迎えた祭りでは、星野に伝わる人魚伝説の紙芝居や「星」にちなんだ星空観察のライトダウン、子ども会の余興、島仲久さんと下地勇さんのライブなども行われた。会場には集落外からも大勢の人々が詰めかけ、地域挙げての手作りイベントを楽しんだ。

 星野地区は64年前、沖縄本島大宜味村などからの計画移民が築いた地域。地域活性化と交流を目的に20年以上前に行われていた「盆踊り」を復活させようと、2005年から夏祭りが開かれている。

 祭りは「古里を大切にしよう」と、星野にIターンした若者たちを中心に、本土から移住してきた人や地域おこしの趣旨に賛同した三川青年会も協力し、準備を進めてきた。

 小雨で一時中断もあったが、地域子ども会のエイサーや女性部による舞踊「桃里節」、市民吹奏楽団の演奏、ベリーダンス、ウイングキッズリーダーズの創作ダンスなどが次々と披露され、大いに盛り上がった。

 実行委員長の砂川利勝さんは「地域の若者がスタートさせ、地域で作り上げてきた星野夏祭りは今年で10回目を迎え、しっかりと根付いてきた。今後も地域活性化のために全員で力を合わせて祭りを盛り上げていきたい」と話した。

 また、お楽しみ抽選会などのプログラムもあり、来場者は夕涼みをしながら、夏祭りを楽しんだ。

  • タグ: 星野夏祭り
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム