八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「稲の一生」を奉納 白保で厳かに豊年祭

ことし第14代ミルクを引き継ぎ豊年祭で練り歩く金嶺隆吉家のミルク行列=19日午後、飾墓御嶽

ことし第14代ミルクを引き継ぎ豊年祭で練り歩く金嶺隆吉家のミルク行列=19日午後、飾墓御嶽

第14代のミルク行列も

 石垣市白保の豊年祭が18日のオンプールに続き、19日午後は飾墓(カツァリバ)御嶽でムラプールを行い、農作物の収穫の喜びを表現した「稲の一生」などを奉納した。今年、第14代ミルクを引き継いだ金嶺隆吉さんの家族も練り歩き、大勢の地域住民や観光客が白保の伝統行事を堪能した。

 旗頭の奉納で始ったムラプールは、イリク太鼓に続いてミルクを先頭に金嶺家の親族約30人が登場。大勢の地域住民が見守る中、厳かなミルク行列を披露した。

 大役を果たした金嶺紀夫さん(59)は「いとこや親族もそろう中、大変重みのある奉納に緊張した。誰でもできるわけではないので、この重責を代々引き継いでいきたい」とホッとした様子で話した。

 恒例の「稲の一生」が始まると、大粒の雨が降り始めた。雨の中でも奉納芸能は続き、「田植え」や「脱穀」などの様子を住民総出でユニークに再現した。

 続いて、たいまつがともされる中、東のビギリ神から西のブナリ神への「五穀の献上」があり、綱引きで豊年祭は最高潮に。激しく引き合った綱引きは、西に軍配が上がった。

  • タグ: 白保公民館豊年祭ミルク行列
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム