八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

サメ112匹を退治 一本釣り研究会

一本釣り漁場で駆除し、漁船から陸揚げされるサメ=18日午前、八重山漁協荷さばき場前

一本釣り漁場で駆除し、漁船から陸揚げされるサメ=18日午前、八重山漁協荷さばき場前

425㌔の大物も

 八重山漁協一本釣り研究会(比嘉康市会長)のサメ駆除が18日までの2日間、一本釣り漁場で行われ、イタチザメなど112匹を退治した。重さにして約10㌧。425㌔の巨大なサメもいた。

 サメ駆除には会員68人が参加、延べ26隻が出漁した。仲の神島周辺、波照間島西、玉取崎沖合などの海域でカツオをエサにはえ縄を仕掛け、一本釣り漁業に被害をあたえるサメを駆除した。

 比嘉会長は「一本釣り漁業では、アカマチを横取りされる。駆除した後の3カ月くらいは効果がある。本当は年2回くらいは駆除したい」と話した。

  • タグ: サメ駆除
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム