八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新造船、きょう就航 フェリーよなくに

与那国・石垣間に就航する新造船「フェリーよなくに」=17日夕、石垣港

与那国・石垣間に就航する新造船「フェリーよなくに」=17日夕、石垣港

船脚速く、船内も快適に

 福山海運(譜久山哲也代表社員)が与那国石垣間で運航する「フェリーよなくに」の新造船(全長68㍍、最大幅12・80㍍、753総トン)が18日、就航する。新造船は15日夜、造船を行っていた熊本県八代市から石垣港に到着し、16日と17日の2日間にわたってテスト航海を行い、就航に備えてきた。久部良漁港には18日午後1時40分に到着する予定で、式典で新造船の就航を歓迎する。

 新造船は、旧船より一回り大きく、貨物積載364㌧、旅客定員120人と積載量で約15㌧、定員で20人増えた。一度に普通乗用車36台を搭載できる。

 最新の技術を導入したことで与那国石垣間の所要時間は旧船より50分早い3時間40分。横揺れ防止のスタビライザーを装着し、より快適な船旅が可能。

 船内にはエレベーターを設置し、車いすで各階の間を移動できるなど、バリアフリーに対応。広めのエントランスホールやリクライニングシートなども特徴。

 譜久山代表社員は「内装と設備に力を入れているので、飛行機よりも豪華な船旅を楽しんでもらいたい」と話した。

 1988年から26年間就航した旧船は、インドネシアの航路に就航することが決まっている。

 新造船は18日午前10時に石垣港を出港する。

  • タグ: 福山海運フェリーよなくに新造船
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム