八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

値上げにも予約好調 市内レンタカー

レンタカーを借りる観光客。市内のレンタカー業界では、夏休みを前に増車し、料金を引き戻そうという動きが出ている=16日午後、市内レンタカー店

レンタカーを借りる観光客。市内のレンタカー業界では、夏休みを前に増車し、料金を引き戻そうという動きが出ている=16日午後、市内レンタカー店

ハイシーズン控え増車進む
渋滞、駐車場不足に懸念も

 八重山観光がハイシーズンを迎える8月を前に、レンタカー需要が大幅に増加していることを受け、市内のレンタカー業界は今月までに大幅な増車を行っており、夏場のシーズン料金として1台当たりの単価を20〜50%引き上げていることが分かった。業界関係者は、好調な観光需要を背景に「下げ止まりしている料金を引き上げるのはこのタイミング。低価格競争から脱却したい」ともくろむ。一方、需要と供給のバランスが崩れ、レンタカーが利用しづらくなるケースや市街地での交通渋滞、駐車場不足などが懸念され、業界では問題解決の糸口を探っている。(砂川孫優記者)

 沖縄総合事務局陸運事務所によると、16日現在、八重山地区では80以上のレンタカー事業所が営業。昨年3月末のレンタカーの登録台数は過去5年間で最高の2084台。今年の登録台数は集計中だが同事務所では「台数は昨年より確実に増加している」とみている。

 業界内ではレンタカー需要の動向を「前年に比べて6月は(売り上げ)落ちたが、7〜9月は前年と同じくらいか上回る見通し」と予測している。

 八重山地区レンタカー連絡協議会の瀬戸守会長(64)は、利用料金について「観光客が落ち込み、利用客が低迷したことで3年前に『低価格競争』が起き、料金は下げ止まりの状況。各社とも好調な需要を受け、適正料金への改定を見計らっている」と話す。

 新空港効果続く

 市内レンタカー会社の男性店長(35)は「車は通常100台用意しているが夏休みを前に20台増車。新空港開港効果で、前年から売り上げも20%増えた」という。

 料金も「シーズンに合わせて50%引き上げた。好調な観光がいつまで続くか分からない。価格を引き上げるのはこのタイミングしかない」と語った。

 別店舗の30代の男性店長は「夏休みは親子連れがターゲット。車種を厳選して35台増車した。料金は日ごとに価格を変動させて対応しているが8月は予約でいっぱい。さらに車を増やしたい」と好調な口ぶり。

 課題山積み

 一方、業界からはレンタカー利用客が増えることで市街地の駐車場不足や交通渋滞への懸念や、利用客の交通マナーの悪化を指摘する声もあり、「車が増えることは事故の可能性を高める。何らかの対策が必要」との意見も出ている。

 カーナビゲーションのなかには、空港の位置を旧空港で表示するケースもあり、設備の更新も課題になっている。新港地区での港湾整備が進むと、外国人観光客の利用が増加する可能性もある。

 瀬戸会長は「レンタカーは5000台必要だが、従業員の確保と古いカーナビの一新が最優先。課題は山積みなので一つ一つ解消したい」と話している。

  • タグ: レンタカー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム