八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

フェリーよなくに、最後の航海 「ご苦労さん」―町民ら見送り

石垣に向けて最後の航海に出発するフェリーよなくに=11日午前10時、久部良漁港

石垣に向けて最後の航海に出発するフェリーよなくに=11日午前10時、久部良漁港

新造船、18日就航へ

 【与那国】1988(昭和63)年の就航から、26年間にわたって石垣との間を結んできた福山海運の「フェリーよなくに」(498㌧)が11日、最後の航海を行った。町民の暮らしを支えてきた海の足の最後を見送ろうと、久部良漁港には町民や元船員らが見送りに訪れ、「フェリーよなくに」が午前10時に石垣へ向かって出港すると、「ご苦労さん」「ありがとう」などの声が上がった。新たな「フェリーよなくに」(753㌧)は18日に就航する。

 同船はカーフェリーとして車両や大型貨物の輸送に活躍。観光客の入域にも貢献してきた。退役後はインドネシアの航路に就航することが決まっている。

 福山海運によると、新「フェリーよなくに」は熊本県八代市の熊本ドックで建造。旅客定員はこれまでの100人より20人多い120人。船脚も速くなり、与那国石垣間はこれまでの4時間半から3時間40分に短縮される。

 新「フェリーよなくに」は14日に熊本を出た後、15日夕に石垣港に到着する。その後、石垣与那国間で2往復のテスト航海を経て、18日に就航する。

 この日が2475航海目となった「フェリーよなくに」は大漁旗で飾り付けが施され、最後の航海に出発。久部良漁港では見送りの人たちが船影が見えなく手を振り、別れを惜しんだ。久部良漁港には美空ひばりの「港町十三番地」が流れ島に対する26年間の貢献に目頭を押さえる人の姿も見られた。

 大島正源船長(51)は「おかげさまで無事故の航海ができました」と感慨深げに話していた。(田頭政英通信員)

  • タグ: 与那国町フェリーよなくに
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム