八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

小林・髙嶺(八重高)が国体へ ソフトテニス

第69回国民体育大会「長崎がんばらんば国体2014」ソフトテニス競技への出場を決めた八重山高校の小林千華・髙嶺彩羽(左)=7日午後、八重山高校

第69回国民体育大会「長崎がんばらんば国体2014」ソフトテニス競技への出場を決めた八重山高校の小林千華・髙嶺彩羽(左)=7日午後、八重山高校

県最終選考で3位

 八重山高校女子ソフトテニスの小林千華(3年)・髙嶺彩羽(1年)ペアが、10月13日に長崎県で開幕する第69回国民体育大会「長崎がんばらんば国体2014」へ出場することが決まった。5日、県総合運動公園庭球場で行われた国体最終選考会(県ソフトテニス連盟主催)で3位となり、出場権を獲得した。小林は「勝ち負けにこだわらず、試合を楽しんだ結果」と選考会を振り返り、「インターハイを目標にやってきた。国体まで勝ち取れて、正直うれしい」と素直に喜んだ。

 4月から髙嶺とペアを組み「試合をこなすごとに、コンビネーションのレベルが上がっている。県総体以降、上り調子」と好調な様子。国体では「1勝を目標に頑張る」と意気込みを語った。

 髙嶺は「3年生の千華先輩にとっては高校最後の年。そこでインターハイ、国体を決めることができ、誇りに思う」と喜び、「厳しい試合ばかりだったが、ペアを信じてやってきたことが結果につながった」と選考会を振り返った。

 安定した成績をあげる難しさを知った髙嶺は「調整することがうまくなった」と成長した点を語り、国体では「大きな県代表という看板を背負って戦う。緊張すると思うが、先輩と協力して沖縄の1勝に貢献したい」と闘志を燃やした。

 3次まで行われた選考は、1次で昨年の新人大会、4月のハイスクールジャパンカップ、6月の県高校総体の成績をポイント換算して上位8ペアを選出。2次で総当たり戦、最終選考は2次の上位6ペアによる総当たり戦で、代表3組が決まった。

  • タグ: ソフトテニス八重山高校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム