八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

前西原さんが初優勝 100キロ級のシロカワゲット

109㌔のシロカワカジキを釣り上げ、ポーズを取る前西原好弘さん(カジキの左)=6日午後、久部良漁港カジキ釣り会場(大会事務局提供)

109㌔のシロカワカジキを釣り上げ、ポーズを取る前西原好弘さん(カジキの左)=6日午後、久部良漁港カジキ釣り会場(大会事務局提供)

トローリングの部で初優勝の前西原好弘さん(中央)と「瑞宝丸」の金城和司船長(右)、磯釣り優勝の阿久津慎吾さん(左)=6日夕、久部良漁港カジキ釣り会場

与那国島国際カジキ釣り大会閉幕

 【与那国】第25回日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会(与那国町主催)は最終日の6日、シロカワカジキ109㌔1本の釣果があり、初日のバショウカジキ3本と合わせ計4本の釣果で幕を閉じた。表彰式後には、6時間かけて蒸し焼きにした100㌔級のクロカワカジキの丸焼きがふるまわれ、20分足らずでなくなった。

 トローリングの部は、この日、シロカワカジキを釣り上げた与那国町の前西原好弘さん(49)=チームマリントップ、瑞宝丸=が初優勝。磯釣りは阿久津慎吾さん(36)が、中嶺正八さんの4連覇を阻止し、優勝を果たした。

 6日は、台風8号の接近でリタイアする艇が出たため、初日より2艇少ない25艇が午前7時の号砲と同時に久部良漁港を出港。

 前西原さんがシロカワカジキをゲットしたのは午前11時すぎ。その後は、久部良漁港の本部席に朗報は届かず、午後4時で競技終了となった。

 大会出場は10年ぶりという前西原さんは表彰式で満面の笑み。「今回は那覇から兄弟や親戚などが来島し、妻や船長の夫人も同船し応援してくれたおかげで優勝できた。良いポイントを選択してくれた船長にもお礼を言いたい」と喜びを語った。

 アトラクションでは、航空自衛隊音楽隊の演奏、宮良康正さんと長間孝雄バンドによるコンサートが行われた。

 大会の成績は次の通り。

 ▽トローリング=①前西原好弘(チームマリントップ・与那国町)109㌔②植手章(チームイン・ザ・ミラー・愛知県)30㌔③岡田功(チームだけじゃねえテイジン・大阪府)29㌔▽大物賞=前西原好弘(マリントップ、与那国町)109㌔。

 ▽磯釣り=①阿久津慎吾(与那国町)33㌔②伊藤啓志(岐阜県)30.8㌔③仲嶺成八(与那国町)12.9㌔▽親子釣り①金城ファミリー2.9㌔②安里ファミリー2.1㌔。

  • タグ: 与那国島国際カジキ釣り大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム