八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

サガリバナにうっとり 平久保

神秘的なサガリバナに見入る子どもたち=5日夜、平久保のサガリバナ群落

神秘的なサガリバナに見入る子どもたち=5日夜、平久保のサガリバナ群落

開花式に市民300人

 平久保サガリバナ群落の開花式(平久保サガリバナ保存会主催)が5日夜、現地で行われた。会場には約300人(主催者発表)の市民や観光客が訪れ、ライトアップされた神秘的な雰囲気のサガリバナに見入った。

 サガリバナの群落は同保存会会長の米盛三千弘さんが自身の所有する畑の近くで発見。9年前から遊歩道の整備や植樹などを行い、市民が気軽に楽しめるよう整備を進めてきた。昨年は県が主催する「沖縄ふるさと百選」に認定された。

 開花式で米盛会長は「皆さんのおかげでここまでやってこれた。街の喧騒(けんそう)を忘れて、夜のサガリバナを楽しんでください」とあいさつした。

 平久保小学校や同校卒業生によるエイサーと獅子舞、「さがり花・愛歌」(作詞・嵩原督、作曲・安里隆)の歌や創作舞踊も披露された。

 来場者はサガリバナ群落を散策し、「とてもきれい」「夜に咲いて朝には散るなんて不思議」と白やピンク色のサガリバナにうっとりと見入っていた。

 サガリバナは7分咲きで、これから見ごろを迎えるという。

地図
  • タグ: サガリバナ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム