八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

マンゴーは前年並み豊作 パインは下回る見込み

県農林水産振興センター 輸送面は余裕

 石垣市・竹富町で生産される今年のマンゴーの生産量は194.5㌧と、ほぼ前年並みの豊作が見込まれることが分かった。パインアップルは、昨年の台風の影響で果実が小玉化傾向にあることから前年を413㌧下回る1503㌧の見込み。出荷のピークはマンゴーが7月上旬から下旬、パインは7月上旬から8月上旬と予想。マンゴーは7月上旬に約53㌧、パインは8月上旬に236㌧の最も多い出荷量を見込んでいる。県八重山農林水産振興センターがまとめた。

 マンゴーの出荷予測は、石垣市が174.2㌧(前期比20㌧増)、竹富町20.3㌧(同22.7㌧減)の計194.5㌧(同3・4㌧減)。寒さで後半に咲いた花の着果率にバラつきが出たが、全体的な開花率が高く、豊作型となった。

 前年は、豊作型だったが7月の台風で大きな打撃を受けた。

 パインは石垣市が1114.9㌧(同252.8㌧減)、竹富町が388.3㌧(同160.2㌧減)の計1503.2㌧(同413㌧減)。品種は今後出荷が本格化するハワイ種が46%、ボゴール27%、ピーチ25%など。昨年の台風の影響で果実が全体的に小玉傾向にある。

 輸送面は、マンゴーとパインの出荷ピークの山がずれたことと、

全日空に加え、日本トランスオーシャン航空も夏場に東京直行便に中型機の就航を予定し、両果実の本土便への搭載量が増えることで、従来と比べ主力の那覇便への搭載に余裕が出るものとみられる。

  • タグ: マンゴーパインアップル
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム