八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

青空に多彩な凧舞う 全国の愛好家ら交流

絶好の凧揚げ日和の下、多彩な凧が青空に舞った2014年石垣島凧あげ交流会=29日午前、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

絶好の凧揚げ日和の下、多彩な凧が青空に舞った2014年石垣島凧あげ交流会=29日午前、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

 2014年石垣島凧あげ交流会・第5回全国シャクシメー大会(同実行委員会主催)が29日、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートで開かれ、全国から参加した約40人の凧愛好家と地元の凧愛好家が交流した。絶好の凧揚げ日和の中、大勢の家族連れが訪れ、青空に舞う全国各地の凧を楽しんだ。

 凧揚げは開会セレモニーに続いて開始。地元の八角やピキダーなどの伝統凧、全長28㍍もある巨大なタコをあしらった凧、蛇が自分の尾をくわえて回り続けるスネーク凧、風車を組み合わせたローター凧、石垣第二中学校1期生の連凧のほか、魚や鳥の形をした多彩な凧が大空を舞った。

 シャクシメーからお菓子を落下させる「空からお菓子とランチ券のプレゼント」には、子どもたちが今か今かと待ち構え大喜び。親子凧づくりコーナーでは大勢の親子が挑戦。完成した凧が空に揚がると、歓声が上がった。

 スネーク凧など海外の凧を披露した凧作家・凧絵師の小川義明さん(67)=凧義倶楽部代表、岐阜県=は「自分だけでなく、観客も楽しませるため、世界のいろんな凧を用意した。観客が目を輝かせているのを見ると自分も楽しくなる」と話した。

 桜島のイラストと「100」、「1914」の数字を書き込んだ凧を揚げた原田武俊さん(69)=鹿児島県=は「1914年に桜島が噴火して今年で100年。江戸時代から約100年ごとに桜島が噴火しているので、鹿児島では注意や啓発の意味も込めて凧揚げをしている」と語った。

 交流会の各賞と第5回シャクシメー大会の結果は次の通り。

 ▽石垣市長賞=中村梁幸▽石垣市凧のかけはし大使賞=小野喜象▽八重山凧愛好会賞=喜多健一▽入賞=原田武俊、源河玄信、仲間清隆、高宮経夫、川上雅子、上原秀之、小川義明、石垣第二中1期生、井上義男、竹内義博、蒲倉一郎、平田正明、桂田浩美、玉城保吉、川口顕裕、武田守弘、松下建夫、長間靖

 ▽第5回全国シャクシメー大会=①永由辰春②長間靖③金本昌宏、玉元博

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム