八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

RAC機材更新に支援 与那国町長ら県要請

県にRACの機材更新計画への支援を要請した与那国町の外間守吉町長(中)=27日、県庁

県にRACの機材更新計画への支援を要請した与那国町の外間守吉町長(中)=27日、県庁

 【那覇】与那国町の外間守吉町長ら県内離島5町村長が27日午後、県庁に川上好久副知事を訪ね、琉球エアーコミューター(RAC)の機材更新計画を支援するよう要請した。RACは、2015年度から3年間で50人乗りの機材を5機購入する予定。

 外間町長は「与那国では荷物、カジキ、郵便物が積めない。予約もいっぱいで大変な状況」と訴え、機材拡大に理解を求め、川上副知事は「離島振興と観光は、提供座席数が大きなポイント。全面的にバックアップして国に要請していきたい」と応じた。

 RACは現在、39人乗り4機、50人乗り1機の計5機を保有し、石垣-与那国、与那国-那覇など県内12路線で運航。機材の更新時期を迎えたことから15年度から国75%、県25%の補助を受けて50人乗り機材を購入する計画だ。県によると、15年度に予定している2機については国交省が要望通り予算化する方向だという。

 与那国-石垣路線は、13年に日本トランスオーシャン航空が運航をRACに移管したため、ジェット機(150人乗り)からプロペラ機(39~50人乗り)に機材が変わり、貨物や住民の生活、観光面などで影響を受けている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム