八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

早くも豊年祭ムード 新川で「さお巻き」始まる

全長8㍍ほどの竹ざおに丁寧に縄を巻き付けていく=26日夜、新川公民館

全長8㍍ほどの竹ざおに丁寧に縄を巻き付けていく=26日夜、新川公民館

字の結束も固く

 7月の豊年祭(プーリィー)を前に、旗頭を支える全長8㍍ほどの竹ざおをマメ竹で補強し、修羅縄を巻きつける「さお巻き」の作業が24日から新川公民館で行われている。「ミシミシ」と縄が擦れる音や、木づちで「コンコン」とたたく音が公民館中に響き渡り、早くも豊年祭ムードが漂い始めている。

 25日に練習用のさお巻きを終え、26日夜は新川旗頭持会のメンバーが予備ざおを約4時間かけて製作した。本ざおは7月にさお巻きを行う予定。

 矢(ィヤ)頭の責任者を務める新川旗頭持会の入嵩西清和さん(46)は「さお巻きはさおの良しあしを左右する大事な作業。皆で巻くことで村の結束を高めたい」と話した。

 四カ字の豊年祭は、7月21日にオンプール、22日にムラプールが行われる。

  • タグ: 豊年祭新川旗頭持会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム