八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「ビールが最高!」 夏本番 沖縄梅雨明け

心地よい海風に当たりながらビールを楽しむ観光客ら=26日夕、ホテルサンシャイン

心地よい海風に当たりながらビールを楽しむ観光客ら=26日夕、ホテルサンシャイン

昨年より15日遅く

 沖縄気象台は26日午後2時、沖縄地方が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より3日、昨年より15日遅い梅雨明けとなった。梅雨期間は52日間で、昨年より20日長かった。

 石垣島地方気象台によると、沖縄上空の偏西風が平年より南側を通ったため、梅雨前線の北上が遅く、沖縄地方の梅雨明けが遅れたという。

 梅雨期間中の降水量は石垣島が458・5㍉(平年比120%)、西表島272・5㍉(同82%)、与那国島310・0㍉(同94%)。石垣島で平年より20%多かったが、それ以外は平年を下回った。

 石垣島地方では5月上旬の降水量が276・5㍉と平年の6倍の雨量を記録。統計を開始した1961年以降最も多い雨量となった。

 梅雨明けしたこの日、八重山地方は太平洋高気圧に覆われ、おおむね晴天となり、竹富町波照間で32・9度の最高気温を記録したほか、すべての地域で30度を超える暑い一日となった。

 石垣市新川のビーチホテルサンシャインでは、テラスで潮風を浴びながらビールで乾杯する観光客の姿も。名古屋から同僚と訪れた壇上真美子さん(38)は「もう梅雨明けなんですね。風がとても気持ちいい。ビールがおいしい」と笑顔をみせた。

 週間予報では、27日以降も太平洋高気圧に覆われて晴れる日が多いが、所によりにわか雨が降る見込み。

  • タグ: 梅雨明け
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム