八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

発達遅れの児童に音楽療法 支援事業所「ぴっころ」

音楽やダンスでの音楽療法を紹介した児童発達支援事業所ぴっころ(同事業所提供写真)

音楽やダンスでの音楽療法を紹介した児童発達支援事業所ぴっころ(同事業所提供写真)

7月1日に開所 見学会に親子ら60人 

 7月1日の開所を予定している児童発達支援事業所ぴっころ(落合晴子代表)は22日、石垣市新川の事務所でオープン見学会を開き、関係者や親子など約60人が訪れた。

 ぴっころは0歳から6歳までの発達が気になる子どもを対象に、音楽を通して「感覚を育てる」ことに特化した施設。音楽を通して聴く力の基礎や周囲に合わせ響きあうことのできる力の基礎を育てていく。

 見学会では、職員が事業所の内容などを紹介。音楽療法体験では、障がい福祉サービス事業所あるまねっと(宮良美樹代表)のスタッフ10人が応援にかけつけ、歌とダンスで会場を盛り上げた。

 落合代表は「音楽療法士としての経験を生かし、音楽や芸術を使ったプログラムを中心に乳幼児期に必要な感覚を育む療育を目指している」と話した。

 7月6日午前10時から、利用希望の親子、保育、療育関係者向けの音楽療法体験ワークショップを予定している。

 問い合わせはぴっころ(88—5817)。

  • タグ: 児童発達支援事業所ぴっころ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム