八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

年1度の健康チェックを 特定健診スタート

島内の各会場でスタートした特定検診を受診する市民=24日午後、おもと農村多目的集会施設

島内の各会場でスタートした特定検診を受診する市民=24日午後、おもと農村多目的集会施設

目標は50.7% 1万586人が対象

 国保加入者の40~74歳を対象にした石垣市の2014年度特定健診が24日から始まった。7月31日まで市内22カ所で実施される。14年度の対象者は1万586人で、市は目標を50・7%(13年度速報値47・86%)に設定。毎年40~50代の受診率が低いことから、新たな会場の設定や土・日健診の拡大、個別健診の受診料引き下げなど、受診環境の充実で受診率を高めたい考えだ。

 市健康福祉センター保険事業係によると、13年度の受診率は速報値で県内11市中トップ。国が掲げる第2期特定健康診査等実施計画に基づき、17年度までに特定健康診査率、特定保健指導実施率ともに60%を目指す。

 13年度の受診率は60~70代の受診が高く、男性トップは74歳の63.43%、女性は71歳の69.93%。受診率が低いのは男性で43歳の24.11%、女性では48歳の35.82%だった。

 同係によると、40代から50代の働き盛り世代は「忙しい」「面倒くさい」「病気の症状がない」などの理由で受診しない傾向があるため、病気の予防や早期発見につながりにくいという。

 新城明美係長は「自分の健康状態を把握し、生活習慣を変化させる意識付けの機会にしてほしい。1年に1度は必ず受診してほしい」と呼びかけている。

 初日は午前中の三和・川原地区で50人、午後の開南・於茂登地区で23人が受診した。受診料は対象者は無料で、39歳以下は1000円。20歳以上の市民を対象にしたがん検診も同時に行われている。

  • タグ: 特定健診
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム