八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

み霊よやすらかに 各校で平和集会

炎天下、「暁之塔」を清掃する川原小の児童ら=20日午前

炎天下、「暁之塔」を清掃する川原小の児童ら=20日午前

川原小児童ら「暁之塔」清掃

 23日の「慰霊の日」を前に郡内の各小中学校で平和学習に展開されている中、川原小学校(天久昇校長)は20日午前、石垣市堆肥センター近くの「暁之塔」で慰霊集会を行い、全校児童20人と保護者らが塔を清掃し、詩の朗読や歌「月桃」の合唱などで平和への祈りをささげた。

 児童らは炎天下、慰霊碑に水をかけ、たわしなどで銘板の汚れなどを拭きとった。

 集会では折り鶴をささげ、「平和を大切に」「大人になっても戦争が起きないように」「生き物を大事にしたい」などと、平和への思いを込めた。

 天久校長は「平和が永遠に続くために、私たちは何ができるかを考えよう」と児童らに呼びかけた。最後に、学校で飼育したオオゴマダラ11羽を大空に放った。

 「暁之塔」は1975年に建立。同校校舎があった場所で、戦時中は野戦病院が設置された。同校は毎年、6月の「平和月間」の時期に暁之塔の清掃と慰霊集会を行っている。

 この日は同校のほか、真喜良小、白保中、海星小でも平和集会が開かれた。真喜良小では、県児童・生徒平和メッセージ展の詩の部で最優秀賞を受賞した同校3年の増田健琉君が全校児童の前で平和の詩を朗読した。

  • タグ: 慰霊の日川原小学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム