八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

小学校で県平均上回る 市議会6月定例会

フルスト原遺跡、一部開放へ

 石垣市議会(伊良皆高信議長)の6月定例会は18日、上門孝子、大石行英、東内原とも子、石垣三雄、砥板芳行の5氏が一般質問を行った。当局側は、4月22日に行われた全国学力・学習調査で小学校6年の国語・算数の正答率が県平均を上回っていると報告したほか、大浜地区の国指定史跡フルスト原遺跡南側エリアの一部を2017年ごろに公園として開放できるとの見通しを明らかにした。

 学力調査結果については上門、砥板両氏が学力向上対策に関する質問で取り上げた。答弁などによると、小学6年生の国語・算数の平均正答率は、本年度と同様に対象学年全員に行った21年度と比較して13.6ポイントと大幅に伸び、県平均を0.8ポイント上回った。都道府県の点数など詳細は、文科省が8月に公表する。

 成底啓昌教育部長は「子どもたちの頑張りと教職員の力が大きかった」と述べ、朝の帯びタイム、ICT機器の活用、教材研究、クラブ活動前の隙間学習などで学習意欲が高まったと分析。隙間学習に参加する児童は、当初の209人から485人に増えているという。

 上門、砥板両氏は「玉津教育長の冠鷲プロジェクトで効果を上げている」と評価した。

 フルスト原遺跡保存整備事業は1993年度の開始から21年目。上門氏が活用について質問し、成底部長が「遺跡整備委員会の短期計画案によると、2017年ごろには南エリアを公園として部分開放できる」と答弁した。同事業の完了年度については、計画の見直しの中で確定できるとの考えを示した。

 上門氏は「観光スポットにもできる」として大浜公民館前道路とフルスト原遺跡をつなぐ「オヤケアカハチ歴史ロマンロード」を提起、玉津博克教育長は「いろんな予算を駆使して整備したい」と意欲を示した。

 ほかに、大石氏が取り上げた「いじめ虐待防止条例」の制定について、年度内に基本方針を策定する方針が示された。

 東内原氏は「1日40~50人の観光客が訪れる」として白保海岸船着き場付近にトイレ設置を要望。大得英信観光文化スポーツ局長は「観光地としての位置づけの可能性を調査し、一括交付金の活用を視野に調査したい」と答えた。

  • タグ: 石垣市議会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム