八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

防災意識に変化80%超 竹富町婦人連合会

「我が家・地域の防災対策」をテーマに意見発表を行った第34会竹婦連大会の「ゆんたくしょーら」=14日午後、町離島振興総合センター

「我が家・地域の防災対策」をテーマに意見発表を行った第34会竹婦連大会の「ゆんたくしょーら」=14日午後、町離島振興総合センター

家族で話し合いも60% 東日本大震災後実施、アンケート結果

 【西表】竹富町婦人連合会(上勢頭享子会長)は14日、町離島振興総合センターで開いた「第34回竹婦連大会」で、今年5月に全会員284人を対象に実施した防災アンケートの結果を公表した。それによると、東日本大震災を機に防災意識が変わったと答えた人が全体の80%を超え、防災について家族で話し合った家庭も120世帯と60%に達していることが分かった。調査は各地域の防災意識を調べるため5月上~中旬に実施、200人が回答した。

 同大会の意見発表会「ゆんたくしょーら」で、アンケート結果が報告され、服部貴美子副会長は「地域、家庭において高い防災意識を持っている。行政にお願いするだけでなく、公民館や学校とも話し合って避難訓練などを実施してほしい」と述べた。

 アンケートでは、家族で避難場所を確認している家庭は111世帯で約55%、保育所、幼稚園、学校との確認については81人で約40%、避難場所を把握している人は170人で85%となっている。

 集計意見では震災後、「いつ何が起こるか分からない」「いざというときの準備を」「以前より地震・津波を意識するようになった」「関心が強まった」と多数の意見が寄せられ、「家族で避難場所・経路を確認した」という回答も多かったという。

 「我が家・地域の防災対策」をテーマにした意見発表では、祖納公民館が独自に実施している避難訓練の紹介などもあり、上原連合婦人会の國岡京子さんは「避難場所などについて学校や幼稚園とも話し合っていきたい」、干立婦人会の長澤智子さんも「地域で避難訓練を行って、取るべき対応を検討していきたい」と意見を述べた。

 同大会ではこのほか、講演会や各種分科会、交流会なども開かれ、来場した10単位婦人会の会員130人は防災や各種文化活動に理解を深めながら、年に1度の交流を楽しんだ。

  • タグ: 竹富町婦人連合会防災
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム