八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ラグビー、石垣島初のキャンプ 22日から

石垣島で初めて強化合宿を行う宗像サニックスブルース。写真は濱里祐介副将(宗像サニックスブルース提供)

石垣島で初めて強化合宿を行う宗像サニックスブルース。写真は濱里祐介副将(宗像サニックスブルース提供)

トップリーグの宗像(福岡) 県出身選手も4人

 ラグビーのトップリーグに所属する宗像サニックスブルース(本拠地・福岡県宗像市)が22日から26日まで石垣島で強化合宿を行う。トップリーグ所属チームの石垣島合宿は初めて。石垣市はキャンプ初日の22日午後4時から市中央運動公園陸上競技場でセレモニーを行う。

 選手、スタッフ計50人が来島。サッカーパークあかんまと石垣市中央運動公園陸上競技場でトレーニングを行う。

 同チームには県出身選手4人が所属。このうち、3人は名護高出身の兄弟で、長男でナンバーエイトの濱里祐介副将、次男でバックスの濱里周作選手(同)、三男でハーフバックスの濱里耕平選手。ハーフバックスには石川高出身の屋宜ベンジャミンレイ選手もいる。

 強化合宿は、チーム側が1月14日に市側に打診し、チーム関係者が来島して練習場所の視察後、トップリーグへの昇格が決まった最終戦終了後の3月下旬に正式決定した。

 藤井雄一郎監督は「高温多湿の石垣島トレーニングでシーズン序盤の戦いを有利に進めたい。石垣市のチームと思って応援してほしい」、濱里副将は「恵まれた環境でトレーニングし、一人でも多くの島の方にラグビーに関心を持ってもらいたい」とそれぞれコメントを寄せた。

 【宗像サニックス】

2013年2月にトップリーグ入替戦で豊田自動織機シャトルズに敗れ、トップキュウシュウリーグに降格。今年1月のトップチャレンジ1を全勝し、2014-15シーズンのトップリーグに再昇格した。2014-15トップリーグファーストステージは8月21日に開幕。宗像は23日に秩父宮ラグビー場でNTTコミュニケーションズシャイニングアークスと対戦する。

  • タグ: ラグビー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム