八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

黒糖・泡盛・ラー油は「沖縄3好」 台湾紙が八重山を特集

台湾の一般紙「リンゴ日報」が5月31日付で掲載した竹富島特集(小笹俊太郎さん提供)

台湾の一般紙「リンゴ日報」が5月31日付で掲載した竹富島特集(小笹俊太郎さん提供)

「まるで桃源郷」

 台湾の新聞がこのほど、竹富島と石垣島を大々的に紹介する特集記事を掲載し、八重山の観光PRに期待がかかっている。特集は「台湾から50分ほどで行ける八重山とのつながりは、今後も絶えることがないだろう」と、台湾と八重山の地理的な近さを強調し、八重山独特の風物をボリュームたっぷりに伝えている。

 台湾の日刊紙「リンゴ日報(蘋果日報)」が5月31日付と4日付の別刷りで竹富島に3ページ、石垣島に1ページをそれぞれ費やして紹介している。

 5月31日付の竹富島特集は、同島の伝統的な集落や水牛車で奏でられる三線の音色など、ゆったりとした島の風情を紹介。古代中国の詩人、陶淵明が理想の世界として表現した「桃源郷」になぞらえ、「海洋版『桃花源記』のようで印象深い」と伝えている。

 八重山の黒糖と泡盛、ラー油は「沖縄3好(沖縄の三つの良い物)」の見出しとともに写真入りで紹介している。

 石垣市台北駐在員の小笹俊太郎さん(38)は「1週間のうちに2回も八重山が大きく扱われ、驚いている。新聞は台湾の食堂やコンビニで売られているので、多くの人の目に触れていると思う」と記事の効果に期待。「八重山の人たちには、台湾の観光客へのおもてなしをお願いしたい」と呼びかけた。

  • タグ: 台湾八重山観光
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム