八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

7年ぶりに黒字 タウンマネージメント石垣

㈱タウンマネージメント石垣が事務局を置くゆんたく家=3日午後、ユーグレナモールの銀座通り

㈱タウンマネージメント石垣が事務局を置くゆんたく家=3日午後、ユーグレナモールの銀座通り

累積赤字、なお2000万円台 収益事業の確保が課題

 石垣市と民間が出資して2012年に設立した第三セクターのまちづくり会社、㈱タウンマネージメント石垣(玉城亜康代表取締役社長、資本金3455万円)は2013年度第14期決算で、7年ぶりに黒字を計上した。単年度収支で7万4513円の純利益を確保したが、累積赤字は2201万円となお多額。依然として収益事業の確保が課題となっている。

 TM石垣は市の指定管理者として▽石垣市公設市場▽ゆんたく家(石垣市中央商店街振興組合との共同)を管理運営しているほか、公設市場最上階で保育園を運営している。さらに振興組合の委託を受け、事務局を担っている。

 13年度は売上高5375万円を計上。一般管理費などを差し引いた経常利益は25万4513円で、税引き後の純利益は7万4513円だった。同社によると、一般管理費などの節減が黒字の主な要因という。

 同社は、04年度から岡崎会館跡地(現沖縄振興開発金融公庫八重山支店)の市有地を賃借して運営を開始して収支を安定させていたが、同地が売却されて駐車場事業がなくなった07年度以降、赤字体質が恒常化している。

 13年度の黒字で累積赤字は若干解消されたものの。赤字体質は改善されていない。資本金は赤字の穴埋めで1253万円に減っている。

 同社は昨年の総会以降、収益事業を確保しようと市直営の蔵元駐車場の移管を要望。わくわくスタンプ会からも同様の要請を受けていた市は、取材に「両団体には当面の間、市直営で行うと回答した」と説明した。

  • タグ: タウンマネージメント石垣
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム