八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

静子おばあちゃんの長寿を祝う 石垣でカジマヤーパレード

カジマヤーパレードで沿道の人たちに笑顔で手を振る徳山静子さん=4日午前、宮鳥御嶽前

カジマヤーパレードで沿道の人たちに笑顔で手を振る徳山静子さん=4日午前、宮鳥御嶽前

旗頭、鼓笛隊で盛大に

 数え97歳のカジマヤーを迎えた徳山静子さんの長寿を祝うパレードが4日午前、石垣市石垣で行われ、子や孫、地域住民ら総勢200人が盛大に祝福した。平日にもかかわらず沿道にはパレードを見ようとたくさんの人が集まり、徳山さんの長寿にあやかった。

 徳山さんは1918(大正7)年8月13日、小浜島生まれ。小学校の途中から石垣島に移った。鳩間小学校を振り出しに郡内8校で勤務し、79年に川原小学校で定年を迎えるまで30年余、教壇に立った。退職後は琴の稽古に励み、師範免許を取得。現在は長男の徳山長壮さん(67)・明美さん(62)夫婦と一緒に暮らしている。子ども3人、孫10人、ひ孫6人に恵まれている。

 パレードは宮鳥御嶽から石垣字会の旗頭を先頭に、石垣小学校6年生59人による鼓笛隊がにぎやかに演奏を繰り広げ、静子さんは沿道の人たちに笑顔で手を振った。

 静子さんは「きょうの日が来ることを心待ちにしていた。みんなにお祝いしてもらえてうれしい」と涙を浮かべて喜んでいた。長壮さんは「いしゃなぎらの旗頭や鼓笛隊など地域の協力に感謝している。大勢の方と一緒に祝うことができ、とてもうれしい」と語った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム