八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八島っ子ら稲刈り体験 石垣市平得の水田

たわわに実った稲を次々に収穫する八島小の児童ら=4日午前、石垣市平得地底

たわわに実った稲を次々に収穫する八島小の児童ら=4日午前、石垣市平得地底

農家の苦労、肌で知る

 「刈るときに『サクッ』と音がして楽しかった」「クセになりそう」-。八島小学校(吉濱剛校長、児童271人)の6年生38人が4日午前、自然学習の一環で石垣市平得地底の水田で稲刈り体験をした。JAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場(幸喜英信店長)が主催した。収穫した水田25㌃は同校PTAの大道正信さん(46)が提供。2月6日に植えたひとめぼれが収穫の日を迎えた。

 児童らはJA職員からカマの使い方や稲の刈り方を教わった後、8グループに分かれ、たわわに実った長さ70㌢ほどの稲を次々と刈り取り、2時間ほどで300㌔を収穫した。収穫後は足踏み式の脱穀機で昔ながらの脱穀も体験した。

 宮里葵さん(12)は「初めての稲刈りで最初は難しかったが、コツが分かると楽しくなった。農家の人の苦労が分かった」と感想。平安名浩大君(11)は「今度は田植えからしてみたい」、成田さくらさん(12)は「毎日感謝してお米を食べたい」と話した。

 この日収穫した稲は後日ゆらてぃく市場で精米され、来週には児童に配られるという。

  • タグ: 八島小学校稲刈り体験
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム