八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

狂犬病予防は飼い主の義務 石垣市で集合注射始まる

狂犬病予防注射を受ける飼い犬。短時間で受けることができる=3日午後2時すぎ、舟蔵公園

狂犬病予防注射を受ける飼い犬。短時間で受けることができる=3日午後2時すぎ、舟蔵公園

13年度は1662頭 飼い犬の登録呼びかけ

 石垣市環境課の2014年度狂犬病予防集合注射が2日から市内で始まった。13年度は動物病院での個別注射641頭を含め計1662頭が受けたが、未接種の犬も多いとみられ、同課では年1回の予防注射を呼びかけている。飼い主には、犬の登録と予防注射が法律で義務づけられている。集合注射は16日まで各地で実施される。

 同課の飼い犬の登録原簿によると、13年度の登録頭数は3736頭で、このうち注射を受けたのは1662頭(集合1021頭、個別641頭)となっている。

 この数字だと、予防注射の接種率は44.4%と、登録している犬のうち半分も受けていないことになるが、同課によると、これが正確な数字かどうかは分からないという。

 未登録の犬がいたり、死んでも届け出ずに登録されたままになっていたりするケースがあるためで、同課は登録手続きも行うよう協力を求めている。

 3日の予防集合注射は舟蔵公園駐車場で行われた。

 40代の女性は「注射を受けさせるのは飼い主の義務。狂犬病はかかっても目にみえないので、定期的に予防注射を受けるしかない。受けないと怖い」と話した。

 12年間、愛犬を飼っている50代の女性は「きょうは仕事を休んで来た。狂犬病は人にもうつるので、何かあったら大変。飼い主には責任がある」と語った。8歳の犬を飼う40代の男性は「集合注射の場合は、市役所から案内が来るので助かる。個別で受けるより安い」と薦めた。

 厚生労働省のホームページによると、狂犬病は全ての哺乳類に感染することが知られており、感染すると、ほぼ100%死ぬ。人の場合では、感染後(感染動物にかまれた後)にワクチンを連続して接種することで発症を防ぐことができるという。

 集合注射に関する問い合わせは環境課(82―1285)。

  • タグ: 狂犬病予防
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム