八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

買い物客100万人突破 ゆらてぃく市場

買い物客100万人目となった宮良政美さん(左から3人目)ら=2日午前11時すぎ、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場

買い物客100万人目となった宮良政美さん(左から3人目)ら=2日午前11時すぎ、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場

開店から3年3カ月で 来年、店舗拡張へ 会員532人、品目も増加

 JAファーマーズマーケット八重山ゆらてぃく市場(幸喜英信店長)は2日、2011年4月9日のオープンからの買い物客(レジ通過客)が100万人を超えた。開店から約3年3カ月、営業日数では1138日目で大台を突破した。1日平均の利用客はオープン年度の759人から13年度は971人に伸びた。買い物客の増加などで店内の売り場が手狭になっていることから、同市場では15年度に店舗拡張を計画している。

 買い物客は今年3月末までの3年間で92万8288人、売り上げは計14億6025万円。100万人達成は7月ごろを見込んでいたが、4月以降も前年度を大幅に上回るペースで客足が伸び、予想より1カ月早く100万人に達した。

 同市場は、開店から5年後の来客数の目標としていた36万人を4年後の14年度に前倒しで設定した。

 会員は当初の300人から532人(5月末現在)に拡大。生産者会の大島正嗣会長は「会員が増えると同時に品目も増えている。地産地消で新鮮で安心な農産物を出荷されるようになっており、今後も食の安全を第一に頑張っていきたい」と決意を新たにした。

 幸喜店長は「売り場が狭くなっているため、来年には店舗の拡張を計画しており、さらに品目を増やしていきたい」と話している。

 同市場は3日から2日間、100万人突破記念セールを開催する。

 

■100万人目は宮良政美さん

 JAが記念品贈る

 JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場で100万人目の買い物客となったのは、2日午前11時すぎにレジを通過した宮良政美さん(55)=石垣市真栄里=。場内アナウンスが告げられると、びっくりした様子をみせ、JAから贈られた記念品に笑顔をみせた。

 宮良さんは週1回、ゆらてぃく市場を利用。この日は孫の大谷和歌ちゃん(9カ月)らとともに離乳食に新鮮な島野菜を使おうと来店。「野菜が新鮮でいろんなものがある。調味料やパンなどもあるので利用するのが楽しみ」と話した。

 宮良さんの前後となった上野泰子さん(東京)、井上亜紀さん(長野県)にも記念品が贈られた。2人とも観光で滞在中のサプライズ。「ホテルでここが一番いいと聞いたので来ました。また来たい」「お土産を買いに来ました」と話した。

 宮良さんには1万円相当、上野さんと井上さんには5000円相当の記念品がプレゼントされた。

 セレモニーでJAおきなわ八重山地区本部の又吉建夫本部長は「100万人達成は皆さんのおかげ。これからも盛り上げてもらいたい」と感謝した。

  • タグ: ゆらてぃく市場JAファーマーズマーケット
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム