八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

今年も鈴鹿8耐に参戦 石垣島マグロ

鈴鹿8時間耐久ロードレースに今年も参戦すると発表する大野剛史氏(右)中央は漢那政弘石垣市副市長=2日午後、庁議室

鈴鹿8時間耐久ロードレースに今年も参戦すると発表する大野剛史氏(右)中央は漢那政弘石垣市副市長=2日午後、庁議室

通算5度目「10位以内目標」

 「石垣島マグロレーシングwithモトバム」チームのオーナー、大野剛史氏らが2日午後、市役所で記者会見し、7月に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で開かれる鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦すると発表した。

 2008年の初参戦から通算5度目。大野氏は「大好きな石垣島をアピールしてきたい。7月27日の決勝レースで10位内が目標」と意気込みを語った。

 同レースは日本最大のオートバイレース。石垣島マグロはライダー3人を予定し、スタッフ38人編成で臨む。使用マシンは2014年型ホンダCBR1000RR。

 大野氏は、広告やイベントプロモーションなどを行う㈱ヒポポタマス(本社東京)の代表を務める傍ら、都内でアンテナショップ「石垣島共同売店」を独自に運営するほどの石垣島ファン。

 08年は石垣市の協賛、八重山漁業協同組合青年部の後援を得て初参戦。10年には初めて完走し、決勝12位の成績を残した。東日本大震災で2年間レースが休止となった後、13年に再参戦している。

 漢那政弘副市長は、「10万人が観戦するビッグイベントで石垣市をPRしてくれることに感謝している。市民こぞって応援したい」とエールを送った。

  • タグ: 石垣島マグロ鈴鹿8時間耐久ロードレース
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム