八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「届け!渥美の海へ」 ヤシの実102個流す

102個のヤシの実を海に流す参加者=1日午前、竹富町鳩間島沖
(石垣市観光交流協会提供)

102個のヤシの実を海に流す参加者=1日午前、竹富町鳩間島沖
(石垣市観光交流協会提供)

鳩間島沖

 「やしの実流し~愛のココナツメッセージ~」が1日午前、鳩間島沖の海上で行われ、愛知県の渥美半島観光ビューローの関係者や、ヤシの実を購入した石垣市民、ミス八重山ら約30人がチャーター船の船上からヤシの実102個を海に流した。

 ヤシの実流しは、「名も知らぬ 遠き島より 流れよる 椰子の実ひとつ」とうたわれる島崎藤村の叙情詩「椰子の実」を再現しようと同ビューロー(旧田原観光協会)が1988年から取り組み、今年で27回目を迎える。

 出発式で中山義隆石垣市長は「ヤシの実が渥美半島に届くことを祈っている。この催しを通じ、今後も石垣市と渥美町の交流を続けていきたい」とあいさつ。

 同ビューローの菰田敏則参事は「30回目を迎える際には大々的なイベントを行い、全国にこの取り組みをPRしたい」と述べた。

 石垣市観光交流協会の高嶺良晴会長は「今回は初めて石垣市民もヤシの実を購入してイベントに参加した。多くのヤシの実が目的地に届くことを願っている」と期待した。

  • タグ: やしの実流し愛のココナツメッセージ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム