八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

中二組が接戦制す 伝統の分かしハーリー

1位を確信し、エークをたかだかと掲げゴールした中二組のメンバー=29日午前、石垣漁港

1位を確信し、エークをたかだかと掲げゴールした中二組のメンバー=29日午前、石垣漁港

 ユッカヌヒー(旧暦5月4日)の6月1日に開かれる石垣市爬龍船競争大会の出漕レースを決める中・西合同チームの「分かしハーリー」が29日午前、石垣漁港で行われ、3組の熱戦の結果、中二組が勝ち、7年連続で「上がり」の出漕権を獲得した。2位の西組は「御願」、3位の中一組は「転覆」への出漕が決まった。

 中二組の上原正照委員長は「こぎ手がよく頑張った。本番に向けさらに調整し、上がりを制して総合7連覇を達成したい」と決意を示した。

 分かしハーリーは往復800㍍を3周する本番と同距離で行われ、後半に頭一つ抜け出した中二組と西組がゴール直前までデッドヒートを繰り広げ、中二組が僅差で制した。 会場には漁業者のほか多くの地域住民も訪れ、ドラを鳴らし「頑張れ!」と声援を送り、伝統の分かしハーリーを観戦した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム