八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

人口規模が似た自治体同士が決められた日…

 人口規模が似た自治体同士が決められた日、時間内に15分以上の運動やスポーツを行った住民の参加率を競う市民参加型のスポーツイベント「チャレンジデー」が28日、全国一斉に展開された▼初参加した石垣市は、参加5度目の埼玉県秩父市と対戦。石垣市は全人口の27・95%に当たる1万3613人が参加したが、秩父市の参加率67.6%、参加者4万5221人の前に完敗した▼今回のイベントは「運動のきっかけづくり」が主な目的。負けたとはいえ、今回1万3000人の市民が参加した意義は大きい。日ごろ運動から遠ざかっていた市民も爽やかな汗をかき、運動することの爽快さを感じたことだろう▼市健康福祉センターがまとめた石垣市の12年度特定健診(40~74歳対象)では、受診者の23%が肥満という結果がでた。特に男性は33.9%と高く、男女とも年齢が上がるにつれ肥満度が上昇している実態がある▼肥満解消には「運動が一番」。市民だれもが認識し、必要性を感じていることだろう。だが、それを行動に移せない。行動しても長続きできないところに、継続的な運動の難しさがあろう▼今年始めて実施されたチャレンジデーが、市民が何らかの形で体を動かすきっかけとなり、次回、1年間の確かな成果を確認できることを期待したい。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム