八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

13年度47.85% 市特定健診受診率速報値

年々、受診率が伸びている石垣市の特定健診=2011年7月20日、石垣市健康福祉センター。一方で、保健指導の実施率は伸び悩んでいる。

年々、受診率が伸びている石垣市の特定健診=2011年7月20日、石垣市健康福祉センター。一方で、保健指導の実施率は伸び悩んでいる。

昨年上回り、目標クリア 14年度は6月24日から 目標50.7%に設定

 40~74歳までの国民健康保険加入者を対象にした2013年度石垣市特定健診の受診率は23日現在の速報値で47・85%に上昇し、県内11市でトップとなった12年度の45.51%を上回っていることが、石垣市健康福祉センターのまとめで分かった。13年度の受診率は10月に確定するが、目標の47.6%をクリアする見通しだ。

 13年度の対象者9642人のうち4642人が受診した。受診率が向上したことについて同センターは▽未受診者への電話での呼び掛け徹底▽事業主健診結果の提供—などを挙げている。

 地区別では、久宇良地区の91.67%が最も高かった。一方、40%に達していない地区は美崎、八島、浜崎の36.48%、新栄町の39.02%。センターによると、人口の多い地区で受診率が低くなる傾向があり、若い世代が受診していないケースが多いという。

 受診率は、特定健診が始まった08年度に30.8%と低かったが、徹底した受診の呼び掛けなどによる取り組みで年々上昇し、県内11市でトップクラスとなっている。

 14年度は6月24日から集団健診がスタート、7月31日まで各地区で行われる。目標受診率は50.7%。センターでは「特定健診で年に1度の健康チェックを」と呼び掛けている。

  • タグ: 特定健診
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム