八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新会長に2世の瀬戸さん 東京竹富郷友会

東京竹富郷友会総会。マイク前であいさつする新会長の瀬戸克さん=25日、国学院大学

東京竹富郷友会総会。マイク前であいさつする新会長の瀬戸克さん=25日、国学院大学

創立90周年に向け新体制

 【神奈川】東京竹富郷友会(東玉盛靖修会長)の第89回総会が25日、国学院大学たまプラーザキャンパスで開かれ、任期満了に伴う役員改選で郷友2世の瀬戸克さんが新会長に選任された。2世の会長選出は初めて。来年予定している創立90周年事業の実行委員長には大山祐市さんが選ばれ、節目に向けた新体制が決定した。

 瀬戸新会長は「2世、3世の世代を柱とし、100周年までつながる組織づくりを親島や公民館の知恵、力を借りて進めていきたい」と意欲を示した。

 島から会場に駆けつけた公民館副館長の野原健さん、町議の新田長男さん、喜宝院蒐集館館長の上勢頭芳徳さんもそれぞれ祝辞を述べ、故郷の現況などを報告した。

 また、昨年の種子取祭での里帰りに感謝し、2世、3世に対しては「原点の竹富島から、さらに世界中のうつぐみへ」と激励した。

 八重山郷友連合会会長の宇根底政祐さんは、東京での思い出を振り返りながら「島は小さくても人々は豊かで、2世、3世も有能。連合会も見習い、ともに発展していきたい」と述べた。

 祝宴は「シーザ踊り」で幕開け。種子取祭さながらの舞台となり、国学院の学生らも飛び入りで参加するなど盛り上がった。

 最後は参加者全員の「クイチャー」で締めくくり、90周年に向け弾みをつけた。(黒島安央通信員)

  • タグ: 竹富郷友会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム