八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

世界自然遺産登録へ連携強化

2014年度事業などを決めた八重山ビジターズビューローの総会=23日夕、南の美ら花ホテルミヤヒラ

2014年度事業などを決めた八重山ビジターズビューローの総会=23日夕、南の美ら花ホテルミヤヒラ

YVBが総会で確認

 八重山ビジターズビューロー(会長・中山義隆市長)は23日午後、市内ホテルで2014年度通常総会を開き、「奄美・琉球の世界自然遺産登録」に向けた関係地域の連携強化や勉強会などの事業計画を決めた。外国人観光客の受け入れを強化するため、民宿事業所などを対象にした講習会も開催する。

 14年度は、新たに離島観光活性化促進事業、八重山観光需要安定化事業を受諾。台湾、香港で誘客活動、外国語パンフレットの作製など誘客ツールを整備する。民宿泊強化を目的としたメディアの招聘(しょうへい)事業なども実施する。

 八重山観光感謝のつどいは6月6日、大阪で行う。来年の海びらきは3月に与那国島での開催を予定している。

 組織は現在、任意団体となっているため、1年かけて法人化の検討を進める。会員は八重山3市町、県八重山事務所、八重山広域圏市町村事務組合、3市町観光協会の8団体。

 役員改選では石垣市観光交流協会長を退いた宮平康弘氏に代わり。同会長の高嶺良晴氏が理事長に就任した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム