八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

人身事故、121件に減少 2013年交通事故

八重山署が重点取締り交差点に設定している真栄里北交差点=23日午後

八重山署が重点取締り交差点に設定している真栄里北交差点=23日午後

八重山署、今後も取り締まりを強化

 八重山警察署管内で2013年に発生した交通事故のうち、12年と13年に発生した人身事故は前年より41件(25.3%)少ない121件となった。発生場所別で最も多い交差点での人身事故は65件で、前年を40件(38.1%)下回った。同署では「関係機関、ボランティアの活動や交通取締の強化」が効果を上げているとみている。例年、5、7、8月に事故が多発することから、今後も交通違反の取り締まりに力を入れていく方針。

 同署が23日に発表したところによると、13年に検挙した交通違反のうち最も多いのは一時不停止の922件。次いで▽携帯電話使用=613件▽駐車違反=368件|と続いている。今年は23日時点で一時不停止で388件、携帯電話使用で221件が検挙されている。

 また、13年の人身事故のうち65歳以上の高齢者が第1当事者となったケースの割合は19.8%(24件)で、県全体の12.7%(845件)を7.1ポイント上回った。自転車事故の割合も県全体が0.9%(63件)だったのに対して、3・3%(4件)だった。

 同署は交通量や事故の発生状況から、重点取締り交差点を3カ所設定。このうち、ドコモ八重山店前の真栄里北交差点とマンタ公園北側の国道390号線バイパス交差点では、左折する際に自転車を巻き込む事故などが発生。石垣島地方気象台西側道路と国道390号線(通称2号線)の交差点では自動車同士の出合い頭事故などが起きている。

 同署では、5、7、8月に事故が多発し、帰宅時間帯の午後4-8時に集中する傾向があることから、市街地での信号無視、一時不停止、歩行者妨害、空港へのアクセス道路でのスピード違反などの取り締まりを強化。「交差点では早めの方向指示器、目視での安全確認を徹底し、通行してほしい」と呼びかけている。

  • タグ: 交通事故
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム