八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

東海大と包括連携協定 石垣市

協定書を交わす髙野二郎学長(右)と中山義隆市長=23日午後、市役所庁議室

協定書を交わす髙野二郎学長(右)と中山義隆市長=23日午後、市役所庁議室

海洋基本計画を着実に推進

 石垣市は23日、海洋基本計画の推進など海洋分野で連携することを目的に東海大学(髙野二郎学長、東京都)と包括的な連携に関する協定を交わした。期間は3年。市は東海大から学術的な支援を受け、海洋基本計画の着実な推進につなげていく考えだ。

 市は今年3月から開催している海洋ゼミナールで、東海大に講師陣を派遣してもらうなどの協力を受けており、今回の協定締結で連携強化を図る。同日夕、市役所庁議室で締結式があり、中山義隆市長と髙野学長が協定書に署名した。

 髙野学長は「西表島には大学の研究センターがあり、八重山は東海大にとって重要な地域。石垣市のためにわれわれの研究を役立てたい」とあいさつ。中山市長は「本市は四方を海に囲まれており、海を活用していきたい。東海大と手を結び、八重山、石垣島の発展に寄与したい」と話した。

  • タグ: 東海大海洋基本計画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム