八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

1期米の収穫始まる 西表島で一足早く

コンバインで1期米を収穫する西大舛高均さん=23日午前、西表南風見

コンバインで1期米を収穫する西大舛高均さん=23日午前、西表南風見

大原の西大舛さん

 【西表】今年の1期米の収穫が23日午前、西表島南風見で始まった。一足早く収穫したのは、竹富町大原の西大舛高均さん(37)で晴れ間が広がった午前中、1月中旬に直播き(じかまき)で植えたひとめぼれをコンバインで収穫した。

 直播きは稲の苗代や苗床を用いず、田んぼに直接種をまく農法で西大舛さんは10㌶の水田でひとめぼれやもち米などを栽培しており、今年の作柄は「天気に恵まれ、収量的にも上がっている」という。

 西表島で収穫された米はライスセンターが石垣市内にあるため、収穫後に乾燥させて集荷場で保管し、船で石垣市に輸送。脱穀などを経て、スーパーなどの店頭に並ぶ。

 また、郡内では7月ごろから二期作の田植えが始まるが、JAおきなわ営農センターでは県の奨励品種「ミルキーサマー」を西表島で試験的に栽培する予定。西大舛さんは「食味が良い品種なので刈り取りが終わり次第、次の植え付けの準備に入りたい」と話した。

  • タグ: 西表島一期米
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム