八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

月夜の海にふわり 移植サンゴの産卵始まる

産卵が確認された移植サンゴのハナバチミドリイシ(手前)とハナガサミドリイシ(下側奥)=18日午後10時30分ごろ、黒島東海域(環境省提供)

産卵が確認された移植サンゴのハナバチミドリイシ(手前)とハナガサミドリイシ(下側奥)=18日午後10時30分ごろ、黒島東海域(環境省提供)

5年連続、黒島東海域

 環境省那覇自然環境事務所は18日、石西礁湖内の黒島東海域で移植サンゴの産卵を確認した。移植サンゴの産卵は2010年5月以降5年連続。

 同事務所によると、産卵したのは05年から08年に移植したサンゴ(7~8年齢)とみられ、黒島東海域の5カ所で18日午後10時30分ごろに一斉に放卵する様子が観察された。

 環境省では、石西礁湖の自然再生に向け02年度から調査を開始。2年後に有性生殖法によるサンゴ群集修復実証試験(サンゴ移植)を実施、翌年からサンゴ群集修復事業を行っている。

 環境省では05年度から13年度にかけ、主に黒島近海の約0・23㌶の面積に約3万4000個のサンゴ種苗を移植している。

  • タグ: サンゴ産卵黒島
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム