八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

本番さながら救助訓練 西表上原

石垣海上保安部の潜水士の指導を受けながら、海難救助の訓練に取り組む人たち=22日午後、上原港沖合

石垣海上保安部の潜水士の指導を受けながら、海難救助の訓練に取り組む人たち=22日午後、上原港沖合

海のシーズン本番間近

 【西表】本格的な海のシーズンを前に、マリンレジャー事故対策訓練が22日午後、上原港沖合で行われた。石垣海上保安部(赤津洋一部長)と竹富町ダイビング組合、西表島シュノーケリング評議会などが合同で実施し、約40人が本番さながらに訓練に取り組んだ。

 ダイビング事故防止の意識を高め、救助体制を確立することを目的に年1回実施。

 訓練では、海面にうつぶせになった人をあおむけにして気道を確保する「海面体位管理」や、毛布やレスキューボートを使って被災者を船に引き揚げる「海面揚収」などを実施。救助にやってきたヘリコプターが海面に接近するときに生じる風圧を体感するダウンウォッシュ訓練も行った。

 参加した平野明子さん(28)は「引き揚げ訓練は今までやったことがなかった。非常にためになった」と感想。佐々木のぞみさん(23)は「初めて参加した。見るよりもやってみないと分からないと感じた。今回の訓練を手本に応用して実践していきたい」と話した。

 同保安部によると、管内では今年に入ってマリンレジャーによる事故が2件発生し、うち1件は死亡事故だった。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム